番組審議会概要

富山テレビでは、放送番組の適正を図るため番組審議会を置き、番組等に関して委員の意見をお聞きしています。また、「BBTスクランブル」(今月は最終日曜あさ5:05~5:15)内で、番組審議会の様子をお伝えしています。


今回の審議番組 (2022年3月10日開催)

令和4年2月25日(金) 19時00分~20時00分

「BBTスペシャル 実はスゴイ!富山の名湯秘湯アワード」


「実はスゴイ!富山の秘湯名湯アワード」は地元の温泉・銭湯の素晴らしさを再発見してもらうバラエティー番組。県内にある「知れば知るほどスゴイ!」と思わずうなるような絶景風呂やユニークな施設などを番組独自の視点で選び、アワードという形で紹介。スペシャルゲストとして温泉ソムリエの資格を持つタレントの安めぐみさんが県東部を中心に、江戸時代から続く名湯や県内屈指の熱さで知られる街の銭湯などを巡りました。また、温泉に関する情報だけではなく、コロナ禍における温浴施設の取り組み、嬉しい話題など、県内の温浴業界に特化した「ゆるっと温泉ニュース」も紹介しました。


出席委員(敬称略)

委員長 :伊東潤一郎
副委員長:松田英昭
委員  :河上めぐみ・宮窪大作
     石﨑大善・岡本有紀子・加古佳子・塩谷誓勝・藤井努(書面出席)

BBT出席者

中西代表取締役社長・滝澤代表取締役専務・石田取締役業務局長・奥田常務取締役・ 砂原報道制作局長・吉村報道制作副部長・門嶋ディレクター・四津谷番組審議会 事務局長


感想

  • コロナ生活が始まりおよそ2年、旅行にも行けない状況の中、県内の身近な温泉や銭湯の紹介は、週末、出掛けた気持ちになり、楽しく見ることが出来た。
  • 温泉、温浴施設もコロナで経営が大変だったと想像できるが、影響を受けた業界を応援する面でも、意義のある番組だった。
  • 県内10カ所の温泉、温浴施設をカテゴリー別に分け、アワードとして紹介する方法は視聴者にとって分かりやすく、泉質の違いも勉強になった。
  • 癒し系で温泉ソムリエの資格を持つ安めぐみさんは、見ていてほっこりし、温泉の番組にとてもマッチしていた。

意見

  • 番組の「激熱部門」で登場した「塩湯」は、映像から「熱さ」は伝わってきたが、本当は何度のお湯なのか、説明が無かった。視聴者が知りたい情報が抜けていると感じた。
  • 番組冒頭、黒部宇奈月温泉駅の前で安めぐみさんが登場したが、直後に紹介した宇奈月温泉は違う女性がリポートをしていて、違和感が残った。そのまま安さんが温泉を紹介するほうが、視聴者の期待に応える感じもあり、流れが良いと感じた。
  • 温泉を紹介する番組であり、「座敷わらし」の話題や部屋、食事等の紹介はタイトルとは違った印象を受け、無理やりな感じがした。
  • 今回紹介した温泉・施設は新川地区と南砺地区に偏っており、10か所を紹介するのであれば地域バランスを考慮しても良かったのではないか。