富山の魅力、頑張っている人を徹底的に掘り起こし、ふるさと富山を全面的に応援します!富山いかがdeSHOW

11月25日(土)放送内容

【 ソコホル!?「手仕事拝見」 】

県内で活躍する2人の方のモノ作りの場を訪ねました。

■クロスステッチ作家 平井陽子さん
24年前に外国に住むお姉さんから送られてきた模様の描かれた1つの本をきっかけに、クロスステッチ刺繍にのめり込みました。
1つ1つ細かく丁寧な作業は作品に温もりを与えます。
作品1つにかける時間はとても長く、数か月から作品によっては数年かかるものまで。
時間がかかっても、お渡しした方からの“ひと言ひと言”が平井さんの作品づくりの糧となっていきます。


■魚の剥製 松本弘明さん
もとも釣りが好きだった松本さんは、魚をリアルな形で残したいと29歳でサラリーマンを辞め、この道に進みました。
魚の皮をはぎ、型にかぶせて整え、色を塗る。
死んでしまった魚をまるで生きているように蘇らせるその技に大村さんも思わず納得。
魚の表情や色合いも松本さんが決めています。
剥製だけでなく、松本さんが型をとった銅や樹脂の色付けも行っていて、魚のことならあそこに頼もう…と言ってもらえるようになりたいそうです。

[ フィッシュクラフトマツモト ]
住所/高岡市坂下町46
TEL/0766-26-7739
Copyright ©TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.