富山の魅力、頑張っている人を徹底的に掘り起こし、ふるさと富山を全面的に応援します!富山いかがdeSHOW

5月13日(土)放送内容

【 ソコホル!?「イマドキ子どもの習い事」 】

子どもの将来を考え、どんな習い事をさせようか悩んでいるお母さんは多いのではないでしょうか?
ケイコとマナブの「子供の習い事ランキング」では、すでに習っているものは、1位水泳、2位英語、3位ピアノと納得の顔ぶれですが、これから習わせたい1位は「英語」でした。
2020年に小学校で英語が必修化することを受け、子どもには英語で苦労してほしくないという親心が現れています。


■アポロ・イングリッシュ・アカデミー
富山市内にあるアポロ・イングリッシュ・アカデミーでは、ネイティブの先生が教え、クラスでは日本語をほとんど使わないところが特徴です。
4歳から5歳の幼児クラスの子どもたちも、読み書きができなくても、先生の発音を真似てきれいに発音しています。大切なのは「聞く力」です。
代表のマイケル・ゴザードさんは、「英語を学ぶのは早ければ早いほどいい」と言います。
子どもは吸収力が高いので、小さいうちにネイティブの発音で学ぶことで、正しい発音が身につき、大人になっても忘れることがないそうです。
【 アポロ・イングリッシュ・アカデミー 】
http://www.apollo-english.com/


■開進堂楽器・ヤマハ音楽教室
耳を鍛える習い事として、人気なのはピアノや歌などの音楽教室です。
ヤマハ音楽教室幼児科2年目の4歳から5歳の子どもたちは、耳で聞いて音を当てる「絶対音感」がすでに身についています。
実は、この時期はもっとも聴力が発達する時期で、この時期を逃さず聞いて歌う、楽器を弾くというレッスンを行うことで、音楽の基礎力が作られます。
【 開進堂楽器(ヤマハ音楽教室) 】
http://www.kaishindo-music.co.jp/


■高岡ジュニアレスリングクラブ
リオデジャネイロオリンピックで登坂絵莉選手が金メダルを獲得したことで、注目を浴びているのが、レスリングです。
リオ後、高岡ジュニアレスリングクラブでは、3歳~5歳の申し込みも増えているそうです。
一見厳しいスポーツのような印象があるレスリングですが、子どもたちは楽しく練習を行っています。
レスリングを始めたことで、体力がつき、走るのが速くなったというお母さんの声も。
そして、みんな体がとても柔らかい!
マットの上でのびのびと学び、受け身をしっかりと体得するので、レスリングは他の競技と比べてもケガが少ないそうです。
【 高岡ジュニアレスリングクラブ 】
https://takaoka-jwc.jimdo.com/


■空手道 千山道場
女性の空手家・堀田千宴子さんが道場主の千山道場は、親子で一緒に参加できる道場です。
2020年東京オリンピックの正式種目に選ばれたことで、注目度も上がっている空手ですが、子どもの習い事としてもトップ10に入るほど人気です。
何歳からでも始められるので、大人は体力づくり、子どもは社会性や礼儀作法が身につきます。
競技として取り組む場合には、5歳前後から始めるのがいいそうです。

【 空手道 千山道場 】
月・水・木/高岡市立高陵中学校体育館
【 堀田千宴子空手道教室 】
水・土/高岡大和、イオンモール高岡
http://www.senzandojo.net/


【 特集「高岡のニュースポット」 】

■山町ヴァレー
古い街並みが残る山町筋の町家を改修した複合施設。古い蔵の中にお店がります。
ラーメン店では高岡ならではのカラーラーメンも味わえます。

【 お店情報 】
住所/高岡市小馬出町6
電話番号/0766-75-9614


■能作
一般の方もウエルカム!工場見学や鋳物製作体験、カフェやお土産ショップもあり♪

【 問い合わせ:予約 】
住所/高岡市オフィスパーク8-1
電話番号/0766-63-0001
Copyright ©TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.