富山の魅力、頑張っている人を徹底的に掘り起こし、ふるさと富山を全面的に応援します!富山いかがdeSHOW

4月8日(土)放送内容

【 ソコホル!?『桜の開花』 】

4月5日(水)に富山で桜の開花が発表されました。
今年は去年に比べて「桜の開花が遅れている」「満開になるのに時間がかかっている」…などの声がありました。
ちなみに今年は桜の開花が東京が一番早く、四国や九州よりも早かったんです。
なぜ桜の開花は、毎年このように時期がずれるのか…桜の開花のメカニズムについて聞きました。
富山県中央植物園の大原隆明さん。
桜の花芽というのは夏の終わりに出来ているのでこれが休眠した状態で秋冬と過ごします。
それがある程度寒さを経験すると花芽が動く段階になり、開花の『スイッチが入った』状態となります。
スイッチが入った後は、毎日毎日あったかければあったかいほど花芽は成長していく。
これが桜の開花のメカニズム。
要約すると冬に『開花スイッチ』が入るタイミングと春の気温の暖かさ『積算温度』が桜の開花を左右しています。
東京は九州や四国より北にあるので冬の初めに寒さを経験し、九州や四国より『スイッチ』が早く入ったとみられ、また3月中旬の寒の戻りで、九州や四国を中心に開花が遅れたようです。
いかがソコホル!?班は富山地方気象台で桜の開花発表までを追跡取材!
また、桜の開花の瞬間をある方法でカメラでとらえました!
Copyright ©TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.