番組審議会

富山テレビでは、放送番組の適正を図るため番組審議会を置き、番組等に関して委員の意見をお聞きしています。
また、「BBTスクランブル」(今月は25日 日曜日あさ5:10~5:20)内で、番組審議会の様子をお伝えしています。

今回の審議番組 (3月8日開催)

・平成30年2月16日(金)19時00分~19時57分 BBTスペシャル『特盛!クマメシ。』
毎週土曜日放送の『富山いかがdeSHOW』で、昨年秋から始まった10分ほどのコーナー企画「クマメシ」。毎回アポなしでクマムシが、夕ご飯を食べさせていただく家族を探すという無謀な企画ですが、県内各地を回りいろいろな人たちとの出会いが生まれました。
今回は、この企画のスペシャル版として、ゲストにお笑い芸人バービーさんを迎えてBBTスペシャル「特盛!クマメシ。」を制作。
バービーさんの帰りの新幹線の時間が刻々と迫る中、氷見市内を回りますが、なかなか夕飯を食べさせていただける家族は見つかりません。
コーナー始まって以来、初の「クマメシ不成立」?果たして、バービーさんが熱望していたブリ料理をごちそうになることはできたのか?

出席委員

委員長:野原 一司
委員:可西 晴香・浅野 端・松田 英昭・岡本 有紀子・加古 佳子・園 博昭(リポート)
※敬称略

BBT出席者

中西代表取締役社長・前田代表取締役専務・飯野常務取締役報道制作局長・野村報道制作部長・江本ディレクター・前田事務局長

《感想》
・ナレーションのあどけない声が親しみやすくて良かった。
・バービーさんが入ることによって、かけあいの面白さがマッチし、テンポも良く、楽しい番組となっていた。
・人の温かさ、家庭の温かさが感じられ、見ていて安心できる楽しい番組、ほっこりさせられる番組だった。
・県内各地を巡ることによって、いろんな人との出会いがあり、その土地ならではの街の様子や郷土料理、名産品が出てきたのも
 良かった。
・番組の冒頭に「クマメシ」の説明があり、初めて見た人でも意味がわかり良かった。
・字幕スーパーが丁寧に入れてあり解りやすかった。
・クマムシのコンビは毎回、愉快で楽しく番組を進行しており、今回も楽しく見ることができた。
・真剣にやっているところが素敵なのと、富山の県民性があってのユーモアのコーナーだったと思う。引き続き継続してほしい。
・アポなしで、夕ご飯をたべさせてくれる家族を探すということで、体力も気力もいる大変なコーナーだと思った。

《意見》
・天気が悪いシーンが多かったように思う。取材が大変だったのではないか。
・バービーさんが入ることによって番組にしまりができ、さすがだと思う反面、クマムシの佐藤さんがかすんでしまうような所が
 あったように思う。
・クマムシの佐藤さんの天然のキャラも、扱い方によっては面白くなるのではないか。
・温かい家族が多く出てきたので、クマムシのヒット曲「あったかいんだから」が出てくるのかと思ったが、出てこなかった。
 その曲を使ってもらえばより良かったのではないか。