番組審議会

富山テレビでは、放送番組の適正を図るため番組審議会を置き、番組等に関して委員の意見をお聞きしています。
また、「BBTスクランブル」(今月は最終日曜あさ5:14~5:20)内で、番組審議会の様子をお伝えしています。

今回の審議番組 (4月12日開催)

まず、平成30年度番組審議会の委員長、副委員長の推挙が行われ、委員長に野原一司委員、副委員長に伊東潤一郎委員が選ばれました。そして編成部が4月番組改編について説明したあと、自社制作番組について報道制作担当常務及び報道担当部長、制作担当部長が説明しました。
ニュースはプライムニュースにブランドを統一し、夕方の「プライムニュースBBTチャンネル8」は、スタジオセットを一新するとともに、ニュースをこれまで以上に深く掘り下げることや、新たに気象予報士を起用しわかりやすく伝えていくことなどが示されました。また、スポーツコーナーを充実するとともに、県内スポーツを応援する新番組「Bスポ!」を始めたことが説明されました。
5年目を迎えた毎週土曜日放送の「富山いかがdeSHOW」は、企画内容の充実を図ることや、「BBTスペシャル」も適宜制作していくことなどが説明されました。
委員の皆さんからは、より質の高い放送とBBTの発展につながるよう、活発な議論をしていきたいとの意見がありました。
最後に、事務局から昨年10月から今年3月までの「放送番組の種別ごとの放送時間量」・「CMの放送時間量」が示され、すべて基準を満たしていることが報告されました。

出席委員

委員長:野原 一司
副委員長:伊東潤一郎
委員:可西 晴香・浅野 端・長田 拓哉・園 博昭・加古 佳子
※敬称略

BBT出席者

中西代表取締役社長・前田代表取締役専務・飯野常務取締役報道制作局長・徳中報道制作部長(報道担当)・野村報道制作部長(制作担当)・前田取締役業務局長兼番組審議会事務局長