番組審議会

富山テレビでは、放送番組の適正を図るため番組審議会を置き、番組等に関して委員の意見をお聞きしています。
また、「BBTスクランブル」(今月は2月24日(日)あさ5:05~5:15)内で、番組審議会の様子をお伝えしています。

今回の審議番組 (2月14日開催)

・1月25日(金) 19時00分~19時57分 BBTスペシャル「平成最後の大調査!とやまの大好物 ~富山県人が選ぶ好きな食べものランキング~ 」
大自然に恵まれ「食の宝庫」と言われる富山県。
その富山に育った“富山県人”が一番好きな食べものは何か!?
「BBTスペシャル『平成最後の大調査!・とやまの大好物』」は、子供からシニアまで幅広い年代層の“富山県人”およそ3000人に(実数字 2,847人)「食」に関するアンケートを敢行しました。
番組ではそのデータをもとに、富山の「食」と「文化」、富山県人「気質」を紐解きました。
また 単なる「食べものランキング」紹介にとどまらずナビゲーター高原兄さんと富山在住の3人のゲストが、「富山県人の食べもの」談義を熱く重ねたことも特長です。
そこから 食べものにまつわるエピソードや歴史はもちろんあまり知られていない富山との関わりなども飛び出しました。
そして、意外な事実、県内における地域差、また全国と比較した実に興味深い富山の食の傾向など、多岐にわたる「雑学」を楽しくご紹介、現代を生きる富山県人の食生活をみつめ、富山の魅力、地域の特徴など多角的な視点でとやまの「食文化」をまとめました。

出席委員

委員長:野原 一司
副委員長:伊東潤一郎
委員:浅野端・松田英昭(レポート)・加古佳子・水野弘一
※敬称略

欠席委員

可西晴香・岡本有紀子・長田拓哉
※敬称略

BBT出席者

中西代表取締役社長・前田代表取締役専務・奥田常務取締役報道制作局長・細川東京支社次長・井村ディレクター・前田取締役業務局長兼番組審議会事務局長

《感想》
・好きな食べ物の話ということで、とてもシンプルなテーマだと思ったが、富山県民の声という意味では、斬新に感じた。
・富山は肥満が少ないのにメタボは多いということは、新鮮な発見だった。改めて食生活、運動習慣に気を使っていかねばと思った。楽しく美味しく食べられることが健康的だということを再認識させてくれる番組だった。
・外からこられた方の観点は、富山県人としてありがたいコメントがたくさんあった。
・インタビューの時のテロップが大きくて縁取りもしてあって見やすく工夫されていた。
・富山県人として興味深いデータ、情報があり、食と健康に関してあらためて認識する番組だったように思う。

《意見》
・県西部の話の印象を強くかんじたので、東部のスポットもあればよかったと思う。
・いろいろなアンケートを基にした続編があると良いと思った。
・最初に6位から10位までのランキングがあったので、最後に男性と女性の1位から5位が出てきて、総合ランキングなのかと思ったが、男女合わせた総合ランキングしか出てこなかったのは残念に思った。
・富山の食をもっとPRできるような切り口もあれば良かったのではないか。
・展開が唐突な場面が多かったように思う。
・ランキングの表示が早くて解りにくく感じた。
・番組として伝えたいことがはっきりと見えてこなかったように思う。