月刊!元気とやま情報チャンネル クイズに参加!
3月28日の放送では・・・
 
輝け!アスリート
今回お邪魔したのはスポーツクラブ富山バドミントンスクール。富山市、立山町、上市町から14人の小中学生が週4回、2時間の練習に励んでいます。
基本を身につける練習を大切にして、全国を舞台に活躍する選手をたくさん輩出してきました。
注目選手は藤田星来(せいら)さん。小柄ですが、スピードとパワーを兼ね備えています。
「今年行われる8月の全国大会では優勝を目指す」と力強く語ってくれた藤田さん。応援しています!
月刊!元気とやま情報チャンネル
月刊!元気とやま情報チャンネル

 
 
いただきます!とやま
●じょうはなポーク
月刊!元気とやま情報チャンネル
豚を育てて40年にもなる杉本清さんの養豚場にお邪魔しました。
じょうはなポークの美味しさは3つの理由があります。
1.美味しく、ばらつきのない豚となる優良な品種を飼育していること。
2.エサには大麦と竹酢を混ぜること
 ※大麦を入れることで甘くなったり、脂の質が良くなる。
 ※竹酢を入れると肉の獣臭を抑えられる
3.豚がストレスなく、すくすくと成長できる環境が整っていること
 ※城端の杉本さんの豚舎は水も空気もきれいで静かな所
さらに健康管理をしっかりと行うことで、脂の美味しい、キメの細かい、スライスしたときに照りの映えるような 城端ポークができます。
そんな美味しいじょうはなポークを持って訪ねたのは 「リバーリトリート雅樂倶」のレストラン「レヴォ」。
オーナーシェフ谷口英司さんが教えてくれた レシピは「城端ポークと県産プチヴェールのココット焼き」です。 お肉がしっとりして、美味しくいただけます。是非お試しを!

※ ココット:フランス語で「鍋」。特に厚手の蓋付き両手鍋を指す。
 オーブンにそのまま入れられる陶製やガラス製、ホーローの鍋。

●城端ポークと県産プチヴェールのココット焼き
月刊!元気とやま情報チャンネル
【 材料(4人前)】
城端ポーク(豚肉)300g、小カブ 4個、プティヴェール 12個、ニンニク 1片、ベーコン 1かけ、タイム 適宜、ローズマリー 適宜、菜種油 適宜、ハチミツ 大1、白ワイン 50cc、鶏ガラスープ 90cc、マスタード 大1、バター 10g、塩 適宜、こしょう 適宜

【 作り方 】
(1)ココットに菜種油をひき、皮ごと潰したにんにくで香りづけする。
(2) 城端ポークにあらかじめ切り込みを入れ、塩コショウを強めに振っておく。
(3)城端ポークを脂の方を下にしてココットに入れ、およそ20分、弱火でじっくり焼く。
  途中油を城端ポークにかけて、油に染みだしたうま味を肉に戻す。
 ポイント:▼弱火でじっくり焼いて、豚の脂を出して皮目をパリッと焼くのが、おいしく豚肉を焼くコツ
月刊!元気とやま情報チャンネル

(4)城端ポークの皮面がきれいなキツネ色になれば、一旦ココットから取り出す。
(5)(4)で使った油を別の鍋に移しておきます。
(6)再び城端ポークをココットに戻し、強火で肉の表面をさっと焼き固める。
(7)城端ポークの表面がきれいなキツネ色になれば、一旦ココットから取り出す。
(8)残して置いた油をココットにひいてカブを炒める。(中火)
(9)プチヴェールを入れて塩をふる。(中火)
(10)プチヴェールがしんなりしたタイミングで、ベーコンを少量入れる。
  ※風味が増します
(11)再びじょうはなポークを(10)のココットに戻し、ローズマリーとタイムをココットに入れる。
月刊!元気とやま情報チャンネル

(12)オーブンは予め余熱をしておき、180℃で5分焼く。
(13)オーブンから取り出してすぐ野菜を裏返し、フタをして5分蒸らす。
※ここまでですと(肉の)中心が生っぽい可能性が高いのでお鍋の熱を利用して、じっくりと火を入れる。
(14)5分後、蒸し焼きが完成。
(15)〜ソース作り〜材料を全てココットから取り出し、油を拭き取ってからハチミツを入れ、炒めます。
※お肉のうま味が(底に)貯まっているので、ハチミツでこそげ取る。
月刊!元気とやま情報チャンネル

(16)白ワインを入れて、1/3くらいの量になるまで煮詰める。
(17)鶏ガラスープを入れて1/2くらいの量になるまで煮詰る。
(18)(17)を別の鍋に取り出します。
(19)(18)を火にかけずにマスタード、バターを入れます。
(20)残しておいた油を加えれば、ソースのできあがり。
(21)蒸し焼きにソースをかければ完成!
月刊!元気とやま情報チャンネル


 
とやまに技あり!
伝統工芸など富山県の卓越した技を紹介する「とやまに技あり!」のコーナー。
今回は「城端絹織物」です。

「城端絹織物」
月刊!元気とやま情報チャンネル 月刊!元気とやま情報チャンネル
約430年前に始まったと伝えられる城端絹。城端で織られてきた代表的な絹織物は「絽」と「しけ絹」。絽としけ絹に共通する特徴はその薄さ。
しけ絹とは二頭の蚕が偶然出会って作られた1つの繭玉から 糸を紡いで織る。糸の太さが不均一のため、節ができ、独特の風合いが生まれる。現在は松井機業のみ、しけ絹の技を受け継ぐ。
松井機業の松井紀子さんは、しけ絹の新たな使い方を提案するブランドの開発にも力を注ぐ。地元城端の特産品で染めた製品、富山の服飾デザイナーがデザインした製品 また、ランプシェードにも活用している。
松井紀子さんが 「いい物とかおいしいものがある所には、世界中から人が来る。私もこの城端にこもって、いい商品を作り上げて世界中から人が来てもらえるような会社になれたら…。」とおっしゃる姿が印象的でした。
月刊!元気とやま情報チャンネル


 
とやま知って納得!きときとクイズ!
リポーターの風間さんが、県の施策に関するクイズを出題していくコーナー。
3月のテーマは「シニア世代の活躍!」です。元気な高齢者がもっと活躍できる「エイジレス社会」つまり、「生涯現役社会」の実現に向けての、県の様々な取り組みをご紹介します。

月刊!元気とやま情報チャンネル【参加方法】
番組で出題されますと回答欄が開きますので、以下の方法からご解答下さい。各問題の正解者の中から抽選でプレゼントが!
※番組内で受付終了時間を設けています。



月刊!元気とやま情報チャンネルパソコン:BBTのホームページ、情報チャンネルのページのページから参加。
TV:リモコンのデジタル dボタンを押し、青、赤、緑のボタンを押すことで3択の クイズに答えられます。
携帯:インターネットのメニュー画面から「テレビ」→「BBT」に進んでいただくか、検索画面でBBT WEBと入力してください。


【当選発表】
当選者には後日、連絡させていただきます。


【第一問】

 「エイジレス社会リーダー養成塾」の受講生の吉浦縞子さん。修了式で発表したプランが「ワンコインサロン「Tomorrow」の設立でした。この「Tomorrow(あした)」には、「あ」は「歩く」、「し」は「しゃべる」と言う意味がありますが、「た」に込められた意味とは?
(1)戦う  (2)楽しむ  (3)食べる


正解(3)食べる
「あ・し・た」は是礼者に必要な3つを示しています。
「食べる」ことは元気に繋がり、一緒に食べることで、コミュニケーションも図れ介護予防につながるとか。
「Tomorrow」では、地域の高齢者みんなで、昔ながらの料理を食事しながら楽しみたいということでした。



【第二問】

県いきいき長寿センターのシニアタレントのひとり、古川静子さん。何の分野のシニアタレントでしょうか?
(1)紙芝居  (2) 踊り  (3)マジック


正解 (2) 踊り
古川さんは、子育て・介護のために50年以上、遠ざかっていた日本舞踊を77歳で再開。90歳を越えた現在でも、「ひまわり座」の仲間と共に月に10本ほどの公演に出演しています。
他の模範となる元気な高齢者として、「エイジレス社会活動推進協議会顕彰」も受賞しています。



【第三問】

 高岡市シルバー人材センターの会員のみなさんで、ボランティアで行っていることは?
(1)ショップ運営  (2)施設慰問  (3)交通整理


正解(1)ショップ運営
御旅屋通りに昨年10月にオープンした「シルバーショップたかおか」。高岡市シルバー人材センターのアンテナショップで、会員が交代で、お店を切り盛りしています。店内には、高岡の特産品、そして絵画や手芸品など、会員の手作りの品が展示販売されています。更にシルバー人材センターをPRする役割も担っています。

月刊!元気とやま情報チャンネル


 
ちいさな宝石箱
富山県ふるさとの歌「ふるさとの空」をBGMに県の施設や、富山県が誇る美しい景観をご覧いただくコーナー。

月刊!元気とやま情報チャンネル 月刊!元気とやま情報チャンネル
魚津市の海岸沿いを南北に走る約8kmしんきろうロードは、蜃気楼の見える道とよばれ、シーズンには蜃気楼を見ようと多くの人が訪ます。

月刊!元気とやま情報チャンネル
特別天然記念物“魚津埋没林”を、その場で保存展示した魚津埋没林博物館には 川の氾濫で埋まった杉の原生林が海中の残った埋没林が保存されています。

月刊!元気とやま情報チャンネル
魚津水族館は、100周年記念リニューアルにより富山にこだわった展示や水族館の裏方などを見せる施設に進化しました。
北アルプスの渓流から日本海の深海まで、地元の水生生物を飼育し、特徴ある展示をしています。
月刊!元気とやま情報チャンネル


 
カウントダウン新幹線!
月刊!元気とやま情報チャンネル
3月14日、待望の北陸新幹線が開業。県内の3駅では早朝から鉄道マニアや見学者が、一番列車人目見ようと詰めかけました。
6時1分金沢発の「かがやき」が、6時18分富山駅に到着すると、開業式、出発式が行われ、祝賀ムードに送られ、6時21分、輝く夢を乗せて出発しました。

月刊!元気とやま情報チャンネル
東京駅でも出発式の後、北陸へ「かがやき」の一番列車が発車し、県内に入った「かがやき」を沿線で手を降り、歓迎する人たちも・・・。

月刊!元気とやま情報チャンネル
8時26分、東京からの一番列車が富山駅に到着すると、県知事とはじめ、富山市長や県民、市民が出迎え、歓迎の声があふれます。

月刊!元気とやま情報チャンネル
新高岡駅では臨時列車の「かがやき」の到着に、喜びの声がわき、新高岡駅から東京へ、希望の「かがやき」が走り始めました。

月刊!元気とやま情報チャンネル
黒部宇奈月温泉駅でも、東京からの「はくたか」一番列車をホームで出迎え、新幹線が着くたびに歓迎用に配られた手ぬぐいが振られ歓迎ムードが高まっていました。
この日は、富山県がワクワクし、喜びに輝いた1日となりました。
月刊!元気とやま情報チャンネル


 
今回の番組プレゼント
月刊!元気とやま情報チャンネル
南砺市産の新ブランド豚「なんとポーク」の肉だけで、 つなぎを使わずに仕上げた『なんとソーセージセット』を3名様にプレゼント。
番組の感想を添えてハガキ・FAX・メールでご応募ください。
締め切りは4月3日(金)必着です。

住所・氏名・年齢・連絡用の電話番号・Eメールアドレスを書いて、お送り下さい。
<あて先>
ハガキ/〒939-8550 BBT 「月刊!元気とやま情報チャンネルプレゼント」係
FAX/076-422-6802
Eメール/genki@bbt.co.jp
※当選発表は次回の番組で
※個人情報は他の目的では使用いたしません。
月刊!元気とやま情報チャンネル


「元気とやま情報チャンネル」バックナンバー   「週刊!とやま元気家族」バックナンバー

Copyright ©TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.
月刊!元気とやま情報チャンネル