BBTスペシャル トップへ
最新情報
次回予告
バックナンバー
バックナンバー
2016年9月30日(金)放送(第488話)
『映画カノン 比嘉愛未の「ただいま。」~思い出の富山ロケ地めぐり~』

去年の8月から9月にかけて、およそ1か月、黒部市を中心に映画カノンの撮影が行われました。
番組では、主演の比嘉愛未さんが、その思い出のロケ地を1年ぶりにめぐります。
生地海岸からスタートした撮影と同じく、生地周辺を散策。
湧水の清水(しょうず)を訪ね、夏だけの名物「水だんご」をいただきます。


黒部市役所からは、共演者で恋人役を演じた桐山蓮さんも合流。
食堂の人気メニュー、ラーメンを食べながら、比嘉さんの意外な一面が見られました。


そして、宇奈月温泉では、撮影中に比嘉さんが通ったというカフェ・モーツァルトを再び訪れ、やさしいマスターの入れた水出しコーヒーをいただきました。


無料の足湯に癒やされながら、撮影の裏話など話してくださいました。


くろべ牧場まきばの風では、地元ゆかりの歌手Tomomiさんが登場。
Tomomiさんが愛情込めて作ったヤギのチーズもいただきました。


そのほか、結婚式のシーンを撮影した前沢ガーデンハウスや、クライマックスのピアノの連弾シーンを撮影した宮野運動公園など、映画の大切なシーンに登場する場所をめぐりました。


富山の風景、方言、人など、富山県民ならではの楽しみ方もたくさん詰まった映画カノン。
一度だけでなく、二度三度と楽しめる内容です。
そして、映画の余韻とともに、舞台となった場所にもぜひお出かけください。



●10月1日から公開の映画「カノン」
【 あらすじ 】
19年前に死んだはずの母親が生きていた。
祖母の遺言状で知らされた事実に、紫、藍、茜の三姉妹は衝撃を受けます。
富山の施設会いに行くと、そこには変わり果てた母の姿が……
富山、金沢、東京に離れて暮らす三姉妹は、母の過去をたどり始めます。
母はどんな理由で三姉妹のもとを去り、どんな思いで生きてきたのか? 
祖母はなぜ姉妹に嘘をついたのか? 
やがて彼女たちが真実にたどり着いた時、眩しい光の中で「カノン」のピアノ三重奏が再び響き渡る―。

【 キャスト 】
比嘉愛未 ミムラ 佐々木希
桐山漣 古村比呂
多岐川由美 鈴木保奈美ほか
【 監督 】
雑賀俊朗

(c)2016「カノン」製作委員会
HP:http://kanon-movie.com/

※掲載情報は番組放送当時のものです。現在の情報とは異なる可能性もありますのでご注意ください。