BBTスペシャル トップへ
最新情報
次回予告
バックナンバー
バックナンバー
2016年6月10日(金)放送(第476話)
『内田もも香の謝謝!!台湾 富山きときと空港からひとっ飛び』

歴史的にも日本と関係が深い台湾。今回は女優の内田もも香さんが台湾の首都「台北」・歴史的な史跡が多い「台南」・アジア有数の港町「高雄」を旅してきました。


富山きときと空港から出発する台北便は、週に4本。
富山をお昼過ぎに出発し、現地時間・午後3時頃に台北に到着。早速、台北観光が楽しめます。というのも、台湾はデパートや飲食店の営業時間が長く、夜もショッピングや食事をゆっくり楽しめるのです。
台北では、台湾グルメの代名詞「小籠包」、そして女性に人気の「台湾式シャンプー」を体験。


次の日、台湾高速鉄路・新幹線で向かったのは「台南」。
台南は台湾で最も早く開かれたまち。17世紀にオランダに占領され、明軍との攻防を繰り広げた歴史的舞台でもあり、街の中にはかつてを偲ばせる「赤崁楼(せきかんろう)」「安平古堡(あんぺいこほ)」といった史跡が残ります。
また台南で人気のデパート「林百貨」も訪ねました。


林百貨の建物は山口県出身の実業家・林方一が出資して1932年に建てられました。
太平洋戦争後にデパートは閉店。その後建物がそのままになっていたのをリノベーションし、2014年にオープンしました。
建物を設計したのも日本人で、当時は関東大震災の影響もあり耐久性の高い建物が建てられたとのこと。重厚でありながらとてもノスタルジックな建物です。
「台南」は歴史を感じる旅になりました。

そして次の目的地「高雄」。
アジア有数の規模の港を持つ台湾南部最大の都市です。
高雄では観光地としては大人気の「左営蓮池潭」や、フェリーに乗って「旗津半島」に向かいました。旗津半島の港近くにずらっと並ぶ海鮮店では、新鮮な魚介を使った料理もいただきました。


さらに台湾名物の夜市。「六合夜市」にひしめく観光客、そして所狭しと並ぶ屋台。そのエネルギッシュなパワーに圧倒されました。


どの土地でも人々が親切で、台湾のあたたかな心は何よりの旅の思い出となりました。
富山きときと空港から台北までは約3時間のフライトです。
みなさま、ぜひお出かけください。

※掲載情報は番組放送当時のものです。現在の情報とは異なる可能性もありますのでご注意ください。