BBTスペシャル トップへ
最新情報
次回予告
バックナンバー
バックナンバー
2016年5月27日(金)放送(第475話)
『遥かなる宇宙の旋律 ~今拓かれる!重力波天文学・梶田隆章氏の挑戦~』



私たち人類は、古くから星の「光」を頼りに宇宙を観てきました。
しかし、「光」を頼りに観る事ができるのは宇宙のほんの一握りです。

そして今。人類は未知の宇宙を知る、新たな観測手段を手にしました。
それが「重力波 Gravitational Wave」です。

今から100年前、天才科学者、アルべルト・アインシュタインが一般相対性理論の中で予言した「重力波」。
重さがある物体が存在すると時間と空間がゆがみ、またその物体が動く事でそのゆがみがさざ波のように伝わっていく現象です。
宇宙誕生の謎に迫る唯一の手段と言われる重力波の直接観測に、世界中の科学者が挑んできましたが、これまで誰もその存在を証明できずアインシュタインが人類に残した最後の宿題とも言われていました。
そしてついにアメリカを中心とする研究グループLIGOが「重力波」の観測に世界で初めて成功、宿題を解き明かしました。

日本でも、地底深くに作られた巨大施設で重力波を観測する「KAGRA計画」がスタート。プロジェクトのリーダーは、富山市に自宅を構えるノーベル賞科学者梶田隆章さんです。
 
これまで科学者の間で脈々と受け継がれてきた「知識と経験」。
KAGRAには日本独自の、最先端の科学技術の粋を結集した観測機器が設置され次世代の観測装置として世界中から注目されています。
今後国際ネットワークの構築により、重力波で宇宙を観る、「重力波天文学」の創生へ。
「音」ととしても聴く事が出来る重力波。いったいどんな旋律を奏でているのでしょうか。
私たちが宇宙に耳を傾けたとき、そこに広がる宇宙の姿とは・・・。
※掲載情報は番組放送当時のものです。現在の情報とは異なる可能性もありますのでご注意ください。