アナウンサー・キャスター / 吉村 尚郎 / BLOG

地球の音楽と出会える場所 Sukiyaki Meets The world 2006        Vol.4~聴かせる事、見せる事これすなわち魅せる事!~

「演奏者にとって最も重要なこと、それはステージを見に来て下さったお客さんを魅了することだっ!」スキヤキスティールオーケストラ(以下SSO)の代表でリーダーを務める小山晃弘さんが日々メンバーに強く訴えかけている言葉。
事実SSOのコンサートを見るとその言葉の真意はすぐにのみこめる!
スティールドラムの軽快な音色はもちろん、客席を巻き込むパフォーマンス、メンバー一人一人の表現力。ステージの上でそれが一つになるまさにエンターテイメント集団です。


演奏しながらパフォーマンス?!オーケストラと聞いてそう思われる方も多いとおもいますが、演奏中あるいは間奏の間など終始軽快なリズムに合わせたパフォーマンスがあるんです!そんな振り付けを指導していただいているのは富山市在住の加藤善之さん、とにかく凄い方なんですよ!なにが凄いって、日本を代表する歌姫・浜崎あゆみさんの全国ツアーでダンスリーダーを務めたと言えば皆さんも納得されるはず!





県内のダンススクールでインストラクターを務めていらっしゃる加藤さん、SSOリーダーの小山さんがそのスクールに通っていることもあり、振り付け師として来ていただく事が実現しました。もう私にとっては夢のような話、指導していただけるだけでも恐れ多くて・・。
そんな加藤さんの振り付けがまたカッコイイ!曲を1度聴いただけで、どんどんイメージが湧いてこられるのか、すぐさまやってみせてくれるんです。
この加藤さんの振り付けとSSOとの軽快なリズムが融合したとき・・考えるだけでも身震いする感じです。おかしなものですよね!?加藤さんがあまりにも簡単そうに踊られるので私もできるんじゃないかと・・・。やってみるとそれはそれは人にお見せできるものではなく「タコ踊り」のように手足がぐちゃぐちゃ。曲もまだまだお聴かせできるような状態ではないんです。
曲に次ぎ今度は振り付け・・更なる試練に、当初「これならいけるっ♪」と少しでも考えた自分の浅はかな気持ちを反省しました。ゴールさえも見えなくなってしまった私。
本番まであと1ヶ月―。

ページの先頭へ