アナウンサー・キャスター / 吉村 尚郎 / BLOG

いちおし★スポット!

富山の春を代表する味覚といえばホタルイカ。滑川のホタルイカ観光といえば全国的にも有名な観光スポットですよね!そして先日Youドキッ!たいむでもご紹介しましたが、この春から新湊でもホタルイカ漁を間近で楽しめるようになったんです。
そんな新湊観光船の各コースの中で、新湊の内川を巡るコース、これが「いちおし★スポット!」です♪




新湊の海王丸パークを出発し、内川を廻るおよそ50分の船の旅。内川は、川岸に昔ながらの民家が立ち並ぶ情緒あふれるスポットです。漁を終え係留された漁船や民家の景色は、どこか昔懐かしい雰囲気をかもし出しています。ひと休みされている漁師さんや、洗濯物を干す地元の方が、手を振って声をかけてくれるのもまたあったかいんですよ。
そしてなんといっても、この季節は両岸にある桜の木も華やかに迎えてくれます。
潮風を受けながら、カモメと一緒に桜を愛でるなんて、初めての経験でした。



港を出発して、川をゆらりと廻り、いざ大海原へ!川から海にかわる瞬間、最高に気持ちい開放感でした。この日はあいにくの天気でしたが、晴れていれば、真正面に立山連峰の大パノラマが一望できる絶好のロケーションなんです!皆さんが行かれるときは晴れていますように★漁の事、曳山、新湊の文化や観光名所について船員さんが丁寧に教えて下さいますよ。
そして 皆さんにお土産です♪船員さんに素敵な情報をいただきました!夏は夕日が煌く海が大のオススメなのだとか!新湊花火大会も船の上から見ることができるそうですよ!ぜひ皆さん行ってみてくださいね。
その他、富山新港を一周する「新湊遊覧コース」やホタルイカの定置網引き上げを見学する「ホタルイカ観光コース」など、季節限定コースもありますよ。これからも目が離せない「いちおし★スポット!」です。

【株式会社新湊観光船】
TEL/FAX:0766-84-4386
http://www.shinminatokankousen.jp/

春爛漫

街を淡いピンク一色に染め、見ている人をどこか甘酸っぱい気持ちにさせてくれる桜。
桜は日本人の心とはよく言われたもので、平安時代、清少納言『枕草子』には「おもしろく咲きたる桜を長く折りて、大きな瓶にさしたるこそをかしけれ」と書かれていますよね、日本古来、人々は桜を眺め、その愛おしさに包まれていたことを感じさせられます。
さて、県内も4月12日に地方気象台が満開を発表し、連日多くの花見客で賑わっていますが私も日本の情緒を感じに市内の桜を堪能してきました。

【富山城と桜】
皆さんもご存知、桜の名所富山城址公園の桜。咲き誇る桜はどこか「凛」とした感じがし、きっと昔から変わらぬ表情を見せてくれているんですね。


【松川べり】
市役所前では、こいのぼりが桜で染まったピンク色の空を泳いでいました。
こちらの桜はどこか可憐な感じ。


咲く場所や、時間帯で色々な表情を見せてくれる桜―。特に私は夜桜が大好きです。皆さんもいろいろなことを感じるとは思うんですが、私は美しさの中にどこか妖艶な感じを抱くんです。そうですね・・例えると八尾のおわらのような!


【夜の松川】


【夜の松川】


春をいっぱい感じた一日でした。

よかとこ福岡!!

皆さん、九州福岡県には行ったことがありますか?博多山笠やどんたく、博多人形などの伝統文化、そしてとんこつラーメンにめんたいこ、水炊きなどの食文化。さらにお隣韓国釜山には船で2時間55分(海水から揚力を得て飛ぶ”海の飛行機)と、アジアの玄関口としても発展をとげてきました、まさに日々進化し続ける街それが福岡県です。
紹介しきれないほど沢山の観光スポットがあるんですが、きょうはそんな中でも私が帰省した際に必ず足を運ぶオススメのスポットをご紹介します。それは、「21世紀に伝えたい福岡の宝物」No.1になった、シーサイドももち海浜公園にあるシティリゾート施設「マリゾン」です。
海に浮かぶデッキに、レストランやカフェ、ショップ・教会などのかわいらしい建物が並び、ペットと一緒に散歩したりする人やデートなど多くの人の癒しの場です。そして、湾の迎い側にある海の中道海浜公園へ向かう高速船乗り場も併設しているんです。

その他、周囲には図書館や美術館、福岡ドームや福岡タワーなど観光スポットが目白押し!夏には、花火大会や海水浴など常に浜辺は賑わっています。福岡にもしも行くことがあったら是非立ち寄ってみてください♪

ページの先頭へ