アナウンサー・キャスター / 矢野 美沙 / BLOG

縦走中継ウラバナシ①

携帯が通じない。お風呂に入れない。
荷物が重い。足も重い。空気が薄い。呼吸が辛い。
どうして私はいま山を登っているんだろう…。
長い時間山を歩いていて、疲れてしまうと思わず愚痴ばかりが出ます。
そんな自分の弱さを感じてさらに落ち込みます。
でもそうやって、普段の生活とはかけ離れたところで
自分自身と徹底して向き合うことができるのが、山!山なのです。

今年もやり切りました!北アルプス縦走中継!!
今年の舞台は日本最後の秘境とも呼ばれる奥黒部。
5日間50キロあまりのルートを山から山へと移動し、中継でリポートしました。
今回は途中台風5号の影響もあって、雨風の中を歩かなくてはならないときもありました。
それでも、なんとかゴールまでたどり着くことができました!
どんなときでも頼りになるスタッフは、ディレクター・カメラマンなど私のほかに8人。
私以外は皆男性で、重い機材(合わせて100キロ以上になるでしょうか…)を
背負って登りました。

ほとんどが去年と同じメンバー。BBTが誇る“山男”たちです!
せっかくですので、合間に撮った写真もあわせて今年の縦走を振り返りたいと思います♪

初日はまだ真っ暗闇の中、午前3時に出発。
中継準備や、背負う機材の重さも鑑みての出発時間です。
拠点となる太郎平小屋から、初日のゴール・黒部五郎小舎まで10時間半の道のりでした。その途中で、↑の写真の朝日を拝むことができました!
体の芯からじわじわとあたたまるような優しい光。
そして足元には、その朝日に照らされたハクサンイチゲやチングルマのお花畑…!

一面に広がっていました。
山にいると、小さな花に大きな感動を覚えます。
強い風の中、強い紫外線が降り注ぐ中でも
懸命に青空へ向かって花を咲かせている姿に、心が震えました。

朝日と花に元気をもらって、私は興奮状態に。
今思えば、いわゆるちょっとした“クライマーズハイ”になっていたのかもしれません。
どんどん足が前に進み、急登もなんのその。登れば登るほど呼吸も安定してくるくらい。
とにかく楽しい!のです。高山でここまで本格的に“ハイ”になったのは初めてでした。

そうやって到着した黒部五郎小舎では、素敵なご縁もありました。

小舎のご主人はなんと私と同じ九州のご出身!久留米の方だそうです。
さらにアルバイトスタッフの中には大分県から来ている方も…!
九州では見られない景色や登れない山に、やはり皆さん心惹かれるんですね♪
思わぬところで九州トークができ、楽しい夜を過ごせました。

しかし大変だったのは翌日。
台風5号の影響でルート変更を余儀なくされ、
そして滝のように水が流れる登山道を歩き続けたのでした…。

 

つづく。

Profile

矢野 美沙 yanomisa

プロフィールを見る

Calendar

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページの先頭へ