アナウンサー・キャスター / 伊藤 恵祐 / BLOG

富山マラソン2015

来年春の新幹線開業に合わせて開かれるスポーツイベントといえば、
富山マラソンですね!

高岡から新湊大橋を抜け富山までの42.195キロ。
1万人の参加者を見込む県内最大規模のマラソン大会です。

県内でもここ数年走る人が増えており、ロッカーや、シャワーを備えた銭湯やスポーツジムなどが街なかのランナーズ基地として登録され、マラソン人気を支えています。

先日、富山の魅力をマラソン大会を通して全国発信しようと情熱を燃やす人たちを取材しました。
お邪魔したのは、県庁のスポーツ保健課。

県では去年10月、富山マラソン実行委員会を設立。
新年度からコースとなる高岡、射水、富山の市職員などから新たに7人をメンバーに加え、
14人態勢で準備を進めています。

また、実行委員会のメンバーは、出場者1万人確保に向け県内外のマラソン大会に積極的に参加し大会をPRしています。(フルマラソンを走り切ってしまう方も)


今回、実行委員の方とともに、コースを一部ですが走ってみました。
(実行委員の皆様、お忙しい中ご協力いただき、ありがとうございます。)

コースは、高岡と富山の市街地を結ぶという、競技場を使わないめずらしいコース設定。
富山の文化や自然を満喫できるものです。制限時間は7時間。つまり時速6kmと、ジョギング程度で走り続ければ、完走も夢ではありません。

マラソン開催準備班長の津田康志さん曰く、
「マラソンは、ランナーだけのものではない。ボランティアや沿道で応援してくれる方すべてで作る大きなお祭りのようなもの」
という言葉が印象的でした。

富山らしさの詰まったマラソン大会。
北陸新幹線とともに、富山を売り込むビッグイベントとなりそうです。

皆さんも、参加、してみませんか!?

そして始めてみようかなという方に走り方のポイントをお届けします。

パーソナルトレーナーの松木さんに伺いました。

最近はLSD(ロングスローディスタンス)。
長い距離をゆっくり走るのが、初心者にはいいとされているそうです。
スピードは歩くよりも遅く!あまり骨盤を動かさないように走ることで、体への負担が減り、長い距離を走る基礎ができるとのこと!

皆さんも楽しんで、春のランニング、楽しみましょう!!

Profile

伊藤 恵祐 itokeisuke

プロフィールを見る

Calendar

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページの先頭へ